広告 DRONEアクセサリー

ドローンを大切に扱いたい人へ 安心と安全に必要なアイテム9選

ドローン

https://www.naosan.blog

ドローンを大切に扱いたいけど、安心・安全に必要なアイテムってどのようなものがあるの?

大切なドローンを守るために、安心と安全に必要なアイテムは揃えておきたいものです。

安心と安全を意識すれば、周囲にも安全に配慮した操作や気遣いができるようになります。

この記事ではドローンを大切に扱いたい人、安心と安全に飛行させたいと思う人に

必要なアイテムをまとめてみました。

私は何者?と言ことで少し自己紹介をしますね。

国交省認定スクールDPAで回転翼3級取得、ドローン歴は2年3ヶ月※記事投稿時

兵庫県を主な活動拠点とし、DJI製ドローン【Mavic 2 Pro】で空撮をおこなっています。

YouTubeに空撮動画のチャンネルも開設しているので、そちらもご視聴ください。

以下の資格もドローンに関するものになり取得済です。

2年3ヶ月の間に

  • 【ドローンを守る】
  • 【大切に扱う】
  • 【安全に飛行させたい】

といった思いから揃えたアイテム。

今回紹介するアイテムがあれば

本体やプロペラ、カメラに傷がつきにくくなり安全にも一役買ってくれます。

あなたが気付いていないだけで、予想以上に傷や危険にさらされているのです。

この記事を読めば、あなた自身でドローンを守ることができます。

そして周囲の反応もいいものに変えることができますよ。

ドローン無料体験会

ドローンを大切に扱うには、法律や規則などにも詳しくなくてはいけません。

スクールではドローンの専門家が直接、ルールや法律を教えてくれます。

私が回転翼3級を取得したドローンスクールでドローン無料体験会を実施中です。

無料体験会申し込みできます

ドローン無料体験会(1時間)に参加してみませんか。

ドローンの専門家が講師を務めている国土交通省認定講習団体、西日本最大級のドローンスクール

無料体験会は下記リンクから申し込みできます。

安心・安全に必要アイテム9選

機種問わずドローンを守る、大切に扱うために必要なアイテムは以下の4選です。

周囲への安全も確保しつつ、パイロットとしても一目置かれる存在になりますよ。

安全ベスト・腕章

ドローンパイロットとすぐに認識してもらえる

また撮影スタッフと思われるなど目立ちますが効果抜群のアイテムです。

実際に私は安全ベストと腕章を装着することで、プロパイロットと思われて声を掛けられたこともあります。

周囲からの目も違ったものになりますし、着ている本人も身が引き締まります。

腕章は許可がもらえた証としても効果がありますよ。

ランディングパッド

屋外でドローンを飛行させるならランディングパッドは必需品です。

大切なドローンを傷や汚れから守るためにも必ず用意してほしいアイテムです。

またランディングパッドの存在が「ドローンを飛ばしている」と周囲に対してアピールする形にもなります。

お互いが意識するようになるので、自然と周囲に対して配慮出来るようになりますよ。

ランディングパッドがあれば

  • 整地されていない場所でも安心して離発着できます
  • 目に見えない土やホコリをモーターが吸い込んだり、雑草や虫などから守ってくれる
  • 着陸地点をしっかり保護するだけでなく、周囲にアピールできるので安全にもつながる
詳細記事

モニターフード

こちらを装着することで、スマホ画面や送信機のモニターに反射する光を軽減、モニターが見やすくなります。

操縦者の映り込みもなくなり、ブラックアウトなども防ぐことができます。

太陽光の反射をおさえ、モニターが見やすくなる=ドローンの飛行状態をすぐに把握できるということですね。

飛行状態を把握できなければ、ドローンを危険にさらすことになります。

ロストすることがないように目視内で飛ばすことが基本ですが

モニターからの情報も非常に大事なものだということです。

モニターがよく見えると

  • 飛行経路周辺の様子も手に取るようにわかります
  • キレイな景色をモニター越しに鑑賞できます
  • モニターに表示されるセンサー類の状態がわかる
  • ブラックアウトの心配がなくなる
詳細記事

風速計

ドローンを飛行させる前に必ずおこなってほしいことの一つに、

風速を調べて「飛行できるか、飛行できないか」を判断することです。

体感では大丈夫じゃない?と思ったとしても、風速計で測ってみると

自分が思っている以上に風が吹いている】ということは普通にあります。

強風の中ドローンを飛行させるということは、危険極まりない行為とも言えます。

万が一墜落した場所やロストした先で

  • 「何かを傷つけた」
  • 「怪我をさせてしまった」

となれば、そこで飛行させることはできなくなるでしょう。

強風にあおられ操縦不能で墜落やロストさせてしまうことは、ドローンパイロット失格です。

風速計を使うことで

  • 飛行できるか、飛行できないかの判断ができる
  • 体感や憶測で判断することなく、計測することで可視化できる
  • 地上の風速を計測して、上空の風速を予測することができる
詳細記事

サングラス

単体で使うより先に紹介したモニターフードとセットで使えば、

より効果を発揮することができるアイテムです。

強い日差しから目を保護するにも大変重宝しますが、

サングラスをかけることでクリアな視界を確保できるということは、ドローンを守ることにも繋がりますよね。

眩しさに目が眩みドローンを見失ってしまうことは避けたいところです。

サングラスをかけることで

  • ドローンを見失うといったことが回避できる
  • 強い日差しから目を守れる
  • モニターも見やすくなり安心して操作できる

太陽光でドローンを見失うのは日差しの強い夏場に限ったことではありません。

日中や夕方の時間帯、年中を通して起こる現象です。

詳細記事


ここからは機種ごとのドローンを守る・大切に扱うために必要なアイテムになります。

ドローンを傷つけない、万が一から守ってくれるといった役割のアイテム4選です。

※ここでは私が使用しているMavic 2 Proのアイテムをもとに紹介していきます。
 ご自身の使用している機種に合わせてご確認ください。

プロペラガード

ドローンのプロペラ周りに装着し、プロペラをガードするアイテムです。

名前こそプロペラガードですが、ドローン全体を守ってくれる優れものアイテムなのはご存じですか。

私の経験ですが、屋根点検の練習中に家の壁に接近させてしまったことがありました。
その時、「やってしまった!」と思った瞬間・・・プロペラガードが壁に接触することで直接プロペラにダメージを受けずに済んだのです。
もしプロペラガードがなかったら、プロペラはもちろんドローン本体も無事では済まなかったでしょう。

実体験があるからこそ、必要と言えるのです。

プロペラガードがあれば

  • プロペラだけでなくドローン全体を守ってくれる
  • 遠くまで飛ばすことができる
  • 障害物と直接の接触を防いでくれる
  • 人や車など傷つけることを防いでくれる
  • プロペラで指などを切創する危険から守れる

もしプロペラガードがなければプロペラの破損は免れず、

人など第三者と接触すればケガを負わせることになりかねません。

壁や側壁、人、自動車等との直接接触を防いでくれるものになります。

ドローンを守ると共に人や物を傷つけない、安全面を考慮して必要なアイテムです。

あとガードによって見た目が大きくなり、ドローンが見やすくなるので遠くまで飛ばせるかもしれませんね。

注意点として、プロペラガードを装着すれば風の影響を受けやすくなり、機体の挙動が不安定になることがあります。

ランディングギア

Mavicシリーズは脚部が短く、本体と地面までの距離が近いので

ちょっとした凹凸の場所でも離発着に不安を覚えます。

もしカメラ部分を損傷すれば、ウン万円の出費につながりかねません。

ランディングギアがあれば

  • 地面との接触低減
  • プロペラに雑草が絡まりにくくなる
  • 着陸場所に悩まなくなる
  • 地上高アップで見た目もカッコよく気分もアップ
  • ランディングパッドと合わせて使えば、傷がつくことはなくなる

ボディ下にはセンサーもあるので、できることなら傷つけたくないと考えるでしょう。

ランディングギアはその部分を解消してくれる、Mavicシリーズには必須アイテムだといえます。

ドローン脚部に装着し、地上高アップさせておけば傷つく可能性は低くなります。

詳細記事はコチラ

バッテリー関係

ドローンのバッテリーは予備を揃えておいて損はありません。

バッテリー1つだと1回の飛行時間は30分前後※機種による

撮りたい映像を撮るには短すぎるんです、物足りないのは言うまでもありません。

予備バッテリーがあれば

  • 複数個揃えておけば、バッテリー交換で撮影時間が伸びる
  • 撮影時間が伸びる=いい映像が撮れるチャンスを逃さない
  • 練習飛行の時間確保=バッテリーの個数×バッテリーの持ち時間

急なバッテリートラブルが発生したとき、予備バッテリーがあれば撮影も続行できます。

なければその時点で終了となり、せっかくの撮影チャンスを逃すことになりかねません。

そんな悲しいことになる前に、値段は高くつきますが揃えておくことをおすすめします。
※3~4個ほどあれば安心

急速充電器も揃えておいて損はありません、車で充電できるタイプなら撮影場所移動中でも充電可能です。

仕事でドローンを使っているなら、車で充電できるのはありがたいはずです。

DJI純正の車載用充電器もあるので一つ用意してみてはいかがでしょうか。

スキンシール

私のMavic2proも赤くなっていますが、スキンシールでコーティングしています。

改造にならないので好きな色やデザインシールでコーティングして、オリジナルの機体に仕上げてください。

私個人の感想は、ドローンが見やすくなったことが1番のメリットになります。

純正色のグレーはぶっちゃけ見にくいです。

スキンシールでコーティングすると

  • 純正色は景色と同化するが、スキンシールでコーティングすれば同化しにくい
  • 見失う確率が減る
  • 他のアクセサリーと併用すれば効果100%アップ
  • 愛着がわく=大切にします
  • 汚れや傷からガードする役割を持つ

バッテリー用に別売りでスキンシールが用意されているので、複数個のバッテリーにも対応していますよ。

まとめ

今回は「ドローンを大切に扱いたい人へ 安心と安全に必要なアイテム9選」をご紹介しました。

この記事で紹介したアイテムを基本装備として揃えて、安全な環境を整えるのもプロパイロットの証です。

では紹介したアイテム9選をもう一度確認してみましょう。

最初からすべてを揃える必要はありません、空撮を何度か経験する間に揃えていけばいいです。

または「このアイテムが必要だな」と感じたときに揃えていくのもアリですね。

まず手始めにランディングパッド、風速計辺りを揃えてみてください。

私もランディングパッドと風速計を最初に手にして、ドローンデビューをしました。

それでは今後もドローンを楽しんでいきましょう。

おすすめ記事

アクセサリーばかり揃えても、実践を積まないとパイロットの腕はあがりません。

実践をこなすことで、「危険なことや安全に飛行させるには」がわかってきます。

下記の記事を参考に、ドンドン空撮にチャレンジしてくださいね。

おすすめ記事

ランキングに参加中 もしよろしければ【にほんブログ村】【人気ブログランキング】【FC2ブログランキング】の応援クリックお願いします。

-DRONEアクセサリー
-, , , , , , ,