広告 空撮スポット

兵庫県ドローンスポット日本のナイアガラの1つ ミニナイアガラ黒滝

黒滝の写真

今回のドローンスポットは兵庫県三木市吉川町の【黒滝】を紹介します。

ドローンで空撮をするには

  • 許可・連絡先を調べる
  • 必要書類をそろえる
  • 飛行範囲の確認
  • 現地までの経路を確認
  • 飛行条件の確認

等々、意外とやることが多く面倒くさいのが悩みの1つではないでしょうか。

今回もその悩みを解決していきますね。

この記事では

  • 許可・連絡先がわかります
  • 現地の情報がわかります(経路等)
  • 色々調べる手間が省ける ←ここが1番のポイントかも
  • おまけで空撮映像

記事を読み終えれば、あなたは手間なく空撮の準備が整いますよ。

私は何者?と言ことで少し自己紹介をしますね。

国交省認定スクールDPAで回転翼3級取得、ドローン歴は1年7ヶ月※記事投稿時

兵庫県を主な活動拠点とし、DJI製ドローン【Mavic 2 Pro】で空撮をおこなっています。

YouTubeに空撮動画のチャンネルも開設しているので、そちらもご視聴ください。

以下の資格もドローンに関するものになり取得済です。

ドローン無料体験会

ドローン未経験者やドローンの操縦に興味がある、ドローンを使い事業をやりたい、空撮したいなど

とにかくドローンが気になっているアナタにお知らせです。

私が回転翼3級を取得したドローンスクールでドローン無料体験会を実施中です。

無料体験会申し込みできます

ドローン無料体験会(1時間)に参加して、実際にドローンを操縦してみませんか。

ドローンの専門家が講師を務めている国土交通省認定講習団体、西日本最大級のドローンスクール

無料体験会は下記リンクから申し込みできます。

空撮スポットをまとめてみました、訪れたい場所を選んで参考にしてくださいね。

まとめ記事

詳細情報 黒滝

をお伝えしていきます。

申請・許可連絡先

アクセス方法

車での行き方

中国自動車道吉川IC下車約2分

  • 中国自動車吉川IC下車「吉川IC」交差点左折
  • →県道17号線道なりに約1km進む
  • →左手に「セブンイレブン」右手に「山田錦の館」が出てくるので、そこの信号交差点を右折し「山田錦の館」駐車場に車を停める
  • ※山田錦の館に駐車して徒歩で現地に向かって下さい、現地まで車で行くことはオススメしません

徒歩でアクセス

山田錦の館から約徒歩で10分※東へ約700m

  • 「山田錦の館」から徒歩で先ほど右折してきた交差点を右に県道17号線を歩く
  • →※途中黒滝への案内看板有
  • →道なりに歩くと若宮橋が出てくる※橋の右手に黒滝が見える
  • →若宮橋を渡ると左手に黒滝の案内板があるので、看板に従い階段を下りる
  • →橋の下をくぐり川沿いを歩けば黒滝に到着

現地までのルート情報 Google Map

空撮映像

内容がよければイイねとチャンネル登録お願いします!

オススメの時間・撮影方法

黒滝は朝焼けの時間帯、光の射し込みとか物凄くきれいでかなりイイ画が撮れそうです。

黒滝は高低差が低いこともあり※落差4m・幅30m 

川岸からローアングルで撮影するのもいい感じですよ。

引きながら上昇するのもアリでしょう。

NDフィルターを使えば水の流れが滑らかに撮影できそうです。

次回はNDフィルターを使い朝焼けを狙った映像を撮影しに行こうと計画しています。

ND/LPフィルター

シャッタースピードを落として撮影する人なら、ND/LPフィルターは必需品ですね。

流れ落ちる水流を滑らかに撮影するには、フィルターなしは考えられないでしょう。

ワンランク上の映像を求める人は、用意して撮影することをオススメします。

今回紹介するのはドローン用です、カメラ用をお探しの人はリンク先から検索をお願いします。

まとめ

今回は兵庫県三木市吉川町にある、【黒滝】をご紹介しました。

【黒滝】について、もう一度確認しておきましょう。

ポイント

  • 許可・連絡先は 北播磨県民局 加東土木事務所へ一報を入れる
  • 書類の提出・申請はいりません
  • 滝を見に来ている人や写真家さんがいれば様子を見るか、撮影は控えるように
  • 滝の駐車場は狭いので、手前の山田錦の館に駐車して徒歩で現地に向かう

ルールとモラルを守り空撮を楽しんでください。

1人1人の行動がドローンの未来に良いものになるように。

以上になります。

おすすめ記事

ドローンを大切に扱うということは、周囲に対しても安全に飛行させていることをアピールできるんです。

ドローンの評判はどちらかと言えばよくありませんよね。

その思い込みや評判を変えていくためにも、ルールとモラルを守って安全に飛行させることです。

下記の記事を参考にアクセサリーを用意すれば、ドローンに対する周囲の反応やアナタの意識も変わりますよ。

おすすめ記事

ランキングに参加中 もしよろしければ【にほんブログ村】【人気ブログランキング】【FC2ブログランキング】の応援クリックお願いします。

-空撮スポット
-, , , , ,