広告 ドローン規制

【河川法】河川敷でドローンを飛ばすために知っておきたいこと

ドローン

【ドローンを飛ばせる場所の探し方】で、海・河川敷・山の3候補の中から河川敷をピックアップしました。

ドローンを飛ばせそうな河川敷が見つかったら、

次はその河川や河川敷を管理している管理者(管轄)はどこなのかを調べましょう。

調べる理由は、河川や河川敷は河川法という法律があり、国や県、市町村で管理されています。

管理されている土地であれば、管理者に飛行可能な場所か確認をしなくてはなりません。

飛ばせる場所の条件

  • 私有地、もしくは自分の所有する土地
    (私有地は持主や管理者に許可をもらう、所有する土地では航空法などルールを守ることが前提として)

飛ばす前に確認してから飛行させるようにしないと、

管理者により飛行が禁止されている河川敷であれば違反となり、処罰の対象になります。

この記事では

  • 河川法について
  • 河川や河川敷でのドローン規制について
  • 許可・申請方法と許可・申請先はどこか

河川敷でドローンを飛ばすために知っておきたいことを書いていきます。

これからドローンを購入し飛ばそうと考えている人,

すでに飛ばしている人でも必ず必要になってくる大事な内容です。

ドローン無料体験会

ドローンを大切に扱うには、法律や規則などにも詳しくなくてはいけません。

スクールではドローンの専門家が直接、ルールや法律を教えてくれます。

私が回転翼3級を取得したドローンスクールでドローン無料体験会を実施中です。

無料体験会申し込みできます

ドローン無料体験会(1時間)に参加してみませんか。

ドローンの専門家が講師を務めている国土交通省認定講習団体、西日本最大級のドローンスクール

無料体験会は下記リンクから申し込みできます。

前回の記事と合わせて目を通してもらえると、

ドローンを飛ばせる場所の探し方から実際に飛ばすまでの一連の流れをつかむことができます。

あわせて読みたい

河川法とは

河川や河川敷でドローンを飛ばすなら、航空法以外に河川法という法律を守らなくてはなりません。

はじめに河川法について、簡単に説明をしたいと思います。

河川法は河川を管理する法律です

この法律は、河川について、洪水、津波、高潮等による災害の発生が防止され、河川が適正に利用され、流水の正常な機能が維持され、及び河川環境の整備と保全がされるようにこれを総合的に管理することにより、国土の保全と開発に寄与し、もつて公共の安全を保持し、かつ、公共の福祉を増進することを目的とする

引用:河川法 第一条より

ポイント

  • 災害の発生を防止
  • 河川の適正な利用
  • 正常な流水の機能維持
  • 河川環境整備と保全

上記の内容を目的として1946年(昭和39年)に制定された法律です。

河川別 河川の管理・管轄

河川は、一級河川・二級河川・準用河川・普通河川の4つに分類され、それぞれ管理している管理者(管轄)が違います。

河川別管理者
一級河川国土交通大臣
二級河川都道府県知事
準用河川市町村長
普通河川地方公共団体
河川別管理者一覧表

河川ごとに管理者(管轄)が違うため申請先もそれぞれ違ってきます。

河川の使用について

河川は、公共用物であつて、その保全、利用その他の管理は、前条の目的が達成されるように適正に行なわれなければならない。

引用:河川法 第二条より

河川は公共のものであるため、原則は誰もが自由に使用することが認められています。

河川法によって、河川や河川敷でのドローン飛行を禁止しているわけではないのです。

しかし河川や河川敷を管理する国、都道府県等に確認を取る必要はあります。

冒頭でも書きましたが、管理されている土地の上空を飛ばすのであれば、

管理者に確認し必要であれば許可・承認を得なくてはなりません。

河川や河川敷でのドローン規制について

ここでは私が住んでいる地域を例に、河川や河川敷でのドローン規制についてご紹介します。

多くの市町村・行政では、河川法でのドローン飛行について触れていないと思います。

ポイント①

兵庫県姫路市に流れる市川(二級河川)は、「河川敷の使用は自由であるため規制はしていない」と回答をいただいています。
※中播磨県民センター姫路土木事務所へ確認済み DRONE【空撮スポット】で紹介しています ↓

ポイント②

兵庫県三木市に流れる美嚢川(一級河川)でも、ドローン飛行と撮影は可能です。
※北播磨県民局加東土木事務所へ確認済み DRONE【空撮スポット】で紹介しています ↓

どちらも航空法や基本ルールに則ったうえでの話です。
※市川、美嚢川とも電話確認のみでOKをもらいました。

ただし飛行可能な場所であっても、管理者が届出の提出を求めるならば、届出を提出しなくてはいけません。

ダムや水門等、河川管理施設がある場所は、ドローン飛行可能でも届出が必要になります

確認は管理者または行政へおこなう

飛行可能な河川・河川敷もあれば、行政によって飛行禁止を定めている河川(一部の地域)もあります。

兵庫県加古川市の加古川河川敷緑地は飛行禁止と定められています。
※加古川市都市公園条例に基づくもの

その他の地域でも市や県の条例により、飛行禁止となっている場所は多々あります。

河川法ではドローン飛行を禁止とはしていないものの、

その河川を管理する行政が禁止にしているなら、それに従わなくてはならないということです。

兵庫県内で例にとって紹介しましたが、河川・河川敷のドローン規制は河川により異なります。

飛行練習ができそうな河川敷(場所)を見つけたら、その河川を管理する行政に必ず確認してみましょう。

できれば証拠を残しておきましょう

確認した行政や、対応した職員によって「OK」という人もいれば「NO」という人もいるでしょう。

対応した人の裁量権が違うことも考えられるので、メールのやり取りができるならメールで残す。

電話なら、担当者の名前と電話した日時を控えるようにすれば、

後で言った言わないのトラブル回避にもなると思います。

人が近づいてきたら飛行をやめましょう

無人航空機を飛行させる場合のルールでも述べましたが

  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること

忘れないようにしましょう、航空法に抵触するので注意が必要です。

申請方法と申請先

最後に河川管理者や河川管理施設、行政への申請の方法と申請先をご紹介します。

河川を管理する管理者(管轄)が、河川により違っても申請方法は同じです。

申請方法

  • まずは電話で問い合わせする
    電話で許可が取れたならここで終了
  • メールでやり取りを求められたら、相手方のメールアドレス、こちらのメールアドレスを伝えたのちメールでやり取りをする
    エクセルによる記入フォーマットの添付資料などあれば、必要事項を記入して返信する
    メアドのスペル間違いがないようにしましょう、メールが届かないと二度手間です※経験あり
  • FAXによる書面のやり取りを求められたら、FAXにて必要事項を記載した用紙を相手方に送信する
    記載内容は相手に聞くなどして、記載もれがないようにしましょう
  • 書類を郵送でのやり取りを求められたら、こちらの住所、氏名を伝え、相手方の住所、担当者の氏名を聞きやり取りをおこなう
    送り先と相手の氏名は間違えないようにしましょう

まずは電話で問い合わせから始めましょう。

次にメールやFAX、郵送など河川管理者から指示があれば、指示された内容でやり取りすれば問題ありません。

私は上記4つの方法のどれかで、やり取りをしてきました。

管理するところにより違いがあるので、都度確認してスムーズに済ませましょう。

申請先

  • 一級河川は国土交通大臣、二級河川は都道府県知事が管理となっていますが、各都道府県の土木事務所へ連絡すれば、それぞれの管理組織に繋いでもらえます。
    私は、市や県の土木事務所に連絡しています。
  • その他では、河川のある市町村役場に問い合わせるのも良いでしょう。
  • 観光協会への連絡も必要な場合があります。
    観光地、景観地付近では都道府県の河川管理とは別に、観光協会が管理している場所もあります。
  • 河川管理施設へ書類の提出が必要な場合もあります。
    河川管理施設とはダム、堰、水門、堤防、護岸、床止め、樹林帯を指します。
    特にダムを撮影するなら、ダム管理事務所に問い合わせましょう。

ここまでが空撮をするために、許可・申請をおこなってきた方法です。

正直に言うと面倒くさく感じることも無いとは言い切れません。

ですが、しっかりと準備して安全に飛行できる環境を整えて連絡すれば、

飛行可能な場所はたくさんあります。

そして許可・申請が下りたというのはあなたの実績にもつながるということなのです。

頑張って申請していい映像を残してくださいね。

※同じ要領で、海や山、滝など撮影する際に応用できます。

まとめ

ドローン歴2年の経験からお伝えできることを記事にしました。

この記事がドローンユーザーすべてにお役に立てれば幸いです。

まとめ

  • 河川や河川敷は飛行させる前に、河川を管理している管理者または行政を調べる
  • 河川法では、河川や河川敷でドローン飛行を禁止にしているわけではない
  • 同じ県内でも河川によってドローンの規制が異なる
  • 河川管理者、河川管理施設に問い合わせて飛行可能な場所か確認をおこなう
  • 航空法上問題がなくても、河川を管理している行政が飛行禁止にしている場所もあるので注意する

ルールを守り、楽しく安全にドローンライフを満喫していきましょう。

おすすめ記事

コチラの記事も参考に間違った知識で飛ばすことがないようにお願いします。

おすすめ記事

ランキングに参加中 もしよろしければ【にほんブログ村】【人気ブログランキング】【FC2ブログランキング】の応援クリックお願いします。

-ドローン規制
-, , , , ,