広告 空撮スポット

兵庫県ドローンスポット日本の滝100選【原不動滝】空撮レポート

清流の写真

2記事目のドローンスポットは兵庫県宍粟市波賀町にある、日本の滝100選の一つ【原不動滝】を紹介します。

ドローンで空撮をするには

  • 許可・連絡先を調べる
  • 必要書類をそろえる
  • 飛行範囲の確認
  • 現地までの経路を確認
  • 飛行条件の確認

等々、意外とやることが多く面倒くさいのが悩みの1つではないでしょうか。

今回もその悩みを解決していきますね。

この記事では

  • 許可・連絡先がわかります
  • 現地の情報がわかります(経路等)
  • 色々調べる手間が省ける ←ここが1番のポイントかも
  • おまけで空撮映像

記事を読み終えれば、あなたは手間なく空撮の準備が整いますよ。

私は何者?と言ことで少し自己紹介をしますね。

国交省認定スクールDPAで回転翼3級取得、ドローン歴は1年1ヶ月※記事投稿時

兵庫県を主な活動拠点とし、DJI製ドローン【Mavic 2 Pro】で空撮をおこなっています。

YouTubeに空撮動画のチャンネルも開設しているので、そちらもご視聴ください。

以下の資格もドローンに関するものになり取得済です。

ドローン無料体験会

ドローン未経験者やドローンの操縦に興味がある、ドローンを使い事業をやりたい、空撮したいなど

とにかくドローンが気になっているアナタにお知らせです。

私が回転翼3級を取得したドローンスクールでドローン無料体験会を実施中です。

無料体験会申し込みできます

ドローン無料体験会(1時間)に参加して、実際にドローンを操縦してみませんか。

ドローンの専門家が講師を務めている国土交通省認定講習団体、西日本最大級のドローンスクール

無料体験会は下記リンクから申し込みできます。

空撮スポットをまとめてみました、訪れたい場所を選んで参考にしてくださいね。

まとめ記事

詳細情報:原不動滝

をお伝えしていきます。

申請・許可連絡先

  • 撮影場所        原不動滝&滝までの道中
  • 住所          兵庫県宍粟市波賀町625
  • 申請・許可連絡先情報  宍粟市役所 
  • 駐車場         あり

補足情報

  • 現在は、宍粟市の管轄
  • 撮影の際は市役所に一報を
  • AM9:00以降は立ち入らない
    ※朝早く来てAM9:00までに退出
  • 自己責任において飛ばすこと
    ※基本ルール・マナー・モラル厳守
  • 滝を見に来られている人が居れば撮影はしない

アクセス方法

車での行き方

中国自動車道山崎ICから車で約50分

  • 中国自動車道山崎IC下車※鳥取一宮方面へ進む
  • →国道29号線を鳥取方面へ北上
  • →【道の駅はが】を右手に見ながら北上すること約100m先T字交差点を左折※原不動滝への案内看板有
  • →約1.2Km道なりに進むと原不動滝公園の駐車場が出てくるのでそこに駐車※無料→徒歩10分~15分で滝に到着

現地までのルート情報 Google Map

空撮映像

滝見用の吊り橋【奥かえで橋】は鉄橋のためかなり強めの磁気干渉が発生します。

そうなると、ドローンは飛行できないので、奥かえで橋から滝を正面に捉えての空撮はできませんでした。

目視外飛行で、奥かえで橋に見張り役兼補助者が居れば、離れた場所から飛行&撮影が可能だと思います。

周囲は波賀不動滝公園となっていて、原不動滝森林公園の名称でひょうごの森百選に定められています。

滝の周囲は原生林となっており、モミの針葉樹やブナ、モミジなどの落葉樹が多く秋には紅葉の名所となります。

内容がよければイイねとチャンネル登録お願いします!

ND/LPフィルター

シャッタースピードを落として撮影する人なら、ND/LPフィルターは必需品ですね。

流れ落ちる水流を滑らかに撮影するには、フィルターなしは考えられないでしょう。

ワンランク上の映像を求める人は、用意して撮影することをオススメします。

今回紹介するのはドローン用です、カメラ用をお探しの人はリンク先から検索をお願いします。

まとめ

今回は兵庫県宍粟市波賀町にある、日本の滝100選の一つ【原不動滝】をご紹介しました。

【原不動滝】について、もう一度確認しておきましょう。

ポイント

  • 許可・連絡先は 宍粟市役所へ
  • 書類の提出・申請はいりません
  • 撮影条件を守ること
  • 滝を見に来ている人や写真家さんがいれば様子を見るか、撮影は控えるように
  • 紅葉シーズンは見ごたえある景観が楽しめる
  • 駐車場あります

ルールとモラルを守り空撮を楽しんでください。

1人1人の行動がドローンの未来に良いものになるように。

以上になります。

おすすめ記事

ドローンを大切に扱うということは、周囲に対しても安全に飛行させていることをアピールできるんです。

ドローンの評判はどちらかと言えばよくありませんよね。

その思い込みや評判を変えていくためにも、ルールとモラルを守って安全に飛行させることです。

下記の記事を参考にアクセサリーを用意すれば、ドローンに対する周囲の反応やアナタの意識も変わりますよ。

おすすめ記事

ランキングに参加中 もしよろしければ【にほんブログ村】【人気ブログランキング】【FC2ブログランキング】の応援クリックお願いします。

-空撮スポット
-, , ,