広告 空撮スポット

兵庫県ドローンスポット【延ヶ滝】苔むした岩と渓流が新緑に囲まれた場所

延ヶ滝

今回のドローンスポットは兵庫県宍粟市山崎町の【延ヶ滝】を紹介します。

ドローンで空撮をするには

  • 許可・連絡先を調べる
  • 必要書類をそろえる
  • 飛行範囲の確認
  • 現地までの経路を確認
  • 飛行条件の確認

等々、意外とやることが多く面倒くさいのが悩みの1つではないでしょうか。

はい、今回もその悩みを解決していきますね。

この記事では

  • 許可・連絡先がわかります
  • 現地の情報がわかります(経路等)
  • 色々調べる手間が省ける ←ここが1番のポイントかも
  • おまけで空撮映像

記事を読み終えれば、あなたは手間なく空撮の準備が整いますよ。

私は何者?と言ことで少し自己紹介をしますね。

国交省認定スクールDPAで回転翼3級取得、ドローン歴は2年6ヶ月※記事投稿時

兵庫県を主な活動拠点とし、DJI製ドローン【Mavic 2 Pro】で空撮をおこなっています。

YouTubeに空撮動画のチャンネルも開設しているので、そちらもご視聴ください。

以下の資格もドローンに関するものになり取得済です。

ドローン無料体験会

ドローン未経験者やドローンの操縦に興味がある、ドローンを使い事業をやりたい、空撮したいなど

とにかくドローンが気になっているアナタにお知らせです。

私が回転翼3級を取得したドローンスクールでドローン無料体験会を実施中です。

無料体験会申し込みできます

ドローン無料体験会(1時間)に参加して、実際にドローンを操縦してみませんか。

ドローンの専門家が講師を務めている国土交通省認定講習団体、西日本最大級のドローンスクール

無料体験会は下記リンクから申し込みできます。

空撮スポットをまとめてみました、訪れたい場所を選んで参考にしてくださいね。

延ヶ滝 詳細情報 

延ヶ滝の情報をお伝えしていきます。

申請・許可連絡先

  • 撮影場所        延ヶ滝
  • 住所          兵庫県宍粟市山崎町上ノ
  • 申請・許可連絡先情報  宍粟市役所 兵庫森林管理署(HPはコチラから)
  • 駐車場         あり(車が2台ほど停めれるスペースがあるだけ)

一般の方が、国有林内で無人航空機(ドローンやラジコン機等で航空法において規定されているもの)を飛行させる場合は、下記「入林届(無人航空機を飛行させる場合の入林届)」に必要事項を記入の上、入林を予定される国有林を管轄している森林管理署等に提出してください。また、無人航空機を飛行させる者が国有林内に立ち入らずに無人航空機を国有林内で飛行させる場合や(※)国有林の借受者が国有林内で無人航空機を飛行させる場合も、上記同様に「入林届」を提出してください。

 出典:近畿中国森林管理局Webサイト

補足情報

  • メインの連絡先は兵庫森林管理署です(国有林野内に滝があるので届出が必要)
    ※詳しいことは直接兵庫森林管理署へお尋ねください
  • 撮影の10日前までに入林届を提出(メールでOK)
  • 入林届はコチラからダウンロードできます
  • 滝付近の道路はかなり狭く細いので、車で行く人は要注意です!すれ違いできない場所多数あり

アクセス方法

車での行き方

中国自動車道山崎IC下車約25分

  • 中国自動車道山崎IC下車分岐右方向へ進み国道29号線に入る
  • 国道29号線約1.3km先【今宿北】交差点を左折※県道429号線へ入る
  • 約400m先信号なし交差点右折
  • 県道429号線道なりに約10km進む※県道546号線が出てくるので右折(手前から気にしてないと県道の案内板を見過ごすかも)
  • 県道546号線道なりに3.7km進むと左手に出てきます※道はかなり狭小道路なのでゆっくり走行、対向車に注意

現地までのルート情報 Google Map

空撮映像

滝周辺は木々も多く電波が受信できない場所なので、飛ばすときは慎重にお願いします。

滝のすぐ近くまで行けるので気持ちいいですよ。

滝巡りで写真に収めるのもいい感じに撮影できますよ。

内容がよければイイねとチャンネル登録お願いします!

まとめ

今回は兵庫県宍粟市山崎町上ノにある【延ヶ滝】を紹介しました。

【延ヶ滝】につてもう一度確認しておきましょう。

まとめ

  • 許可・連絡先は 宍粟市役所 兵庫森林管理署(HPはコチラから)
  • 書類の提出・申請は必要です。(入林届)
  • 滝を見に来ている人や写真家さんがいれば様子を見るか、撮影は控えるように
  • 駐車場あります。

ルールとモラルを守り空撮を楽しんでください。

1人1人の行動がドローンの未来に良いものになるように。

以上になります。

おすすめ記事

ドローンを大切に扱うということは、周囲に対しても安全に飛行させていることをアピールできるんです。

ドローンの評判はどちらかと言えばよくありませんよね。

その思い込みや評判を変えていくためにも、ルールとモラルを守って安全に飛行させることです。

下記の記事を参考にアイテムを用意すれば、いつまでも長くドローンと付き合っていけますよ。

おすすめ記事

ランキングに参加中 もしよろしければ【にほんブログ村】【人気ブログランキング】【FC2ブログランキング】の応援クリックお願いします。

-空撮スポット
-, , , , , ,