ようこそ、なおさんのブログへおいでくださいました。隅々まで目を通してお楽しみください。

DRONEアクセサリー

ドローン用ランディングパッド(ヘリポート)自作と市販品を比較

自作ランディングパッド

https://www.naosan.blog

ドローン用ランディングパッド(ヘリポート)は自作したものを使って、ドローンの離発着場所を確保することができます。

市販品を購入して使用するのも当然ありですが、購入してまではどうかなと思う人もいるでしょう。

自作したもので十分に役割を果たすなら、それに越したことはないですよね。           

そこで自作と市販品を比較、自作に必要なものやメリット・デメリットなども含めて紹介していきます。

自己紹介

私は何者?と言ことで少し自己紹介をしますね。

  • 国交省認定スクールDPAで回転翼3級取得
  • ドローン歴はちょうど3年目になります※記事投稿時
  • 活動拠点は主に兵庫県内
  • DJI製ドローン【Mavic 2 Pro】が愛機

YouTubeに空撮動画のチャンネルも開設しているので、そちらもご視聴ください。

以下の資格もドローンに関するものになり取得済です。

市販品のランディングパッドについて詳しくはこちら☟

ドローン用ランディングパッドを自作

ドローン用ランディングパッドで自作に使えるものから、必要になるモノなど解説していきます。

ランディングパッドの代わりに使えるものは、身近にたくさんあります。

かんたんに用意できて、手軽さが良いところです。

100円ショップ

100円ショップに行けば安く自作に必要な材料が手に入ります。

例えば

  • 板材
  • MDF材
  • 桐すのこ
  • プラダンボール
  • アクリル板
  • 蝶番
  • ボンド

ダイソーやセリア、キャンドゥ、ホームセンターで手軽に入手できます。

DIYが得意な人なら、上記の材料+αで良いものが作成できるでしょう。

自宅にあるもの

自宅にあるものですぐに用意できそうなものと言えば、ダンボールが頭に浮かびます。

ダンボールなら大きさや形、色も自分の好きなように作成できるので、完全オリジナルなランディングパッドが作成可能ですね。

また写真が趣味の人なら、レフ板を使っている人もいるのではないでしょうか。

丸形でランディングパッドの代用品に持ってこいの素材です。

その場しのぎで使えるもの

Mavic2Pro
ハンドリリース

今から言う例えは、ランディングパッドがないと仮定した場合です。

滝や海、山、河川では平らな場所、大きな岩の上から離発着させるようになります。

もちろん、直ぐにそのような場所が見つかれば問題ありません。

しかし、ない場合は何かで代用することになります。

それは何か!その答えは・・・・・・【自分の手】から離発着させるハンドリリース&ハンドキャッチです。

注意点として

  • ハンドリリース・ハンドキャッチ共に慣れが必要です
  • ケガをする可能性も

ですが、ハンドキャッチ・ハンドリリースができるようになれば、場所を問わず離発着させることができます。

ランディングパッド市販品と比較

自作と市販品、ザックリと比較して表にまとめてみました。

以下をご覧ください。

自作市販品
自由円形・四角形・六角形
大きさ自由55cm~200cm
自由オレンジ・ブルー・レッド・ブラック・イエローなど
値段¥0~∞¥1.000以下~¥60.000越えまで
使い勝手作り手次第必要十分な機能とオプションが揃っている◎
ランディングパッド自作・市販品 比較表

自作は自由度が大きいことが分かります。

値段に関して市販品は、桁が違ってきます。

その分、使い勝手のいい部分は間違いないですね。

自作のメリット・デメリット

ここからは、メリット・デメリットについて書いていきます。

比較表も参考にしつつ、自作するか市販品を購入するかの判断材料にしてください。

メリット

比較表でも書きましたが、作成するなら自由度が高いことです。

  • 思いのままのランディングパッドが作成可能

市販品と違い、大きさや色、形から機能面まで全て自分の好みに仕上げられます。

材料も家にあるものから100均で手に入るものまで様々です。

凝ったものを作成するなら、ホームセンターに行けば揃います。

  • 素材や材料はかんたんに手に入る

DIY好きならチャレンジするのも、面白いと思いますよ。

値段(金額)に関しても、家にあるものでOKなら¥0で用意できるでしょう。

  • 工夫すれば安く良いものが手にできる

DIYするとしても材料費は、素材やこだわりがなければ安く済ますことができます。

デメリット

自作ランディングパッドのデメリットについて書いていきます。

自作は手軽さがメリットなのですが、デメリットにもなってしまいます。

素材によっては

  • 軽すぎて、プロペラの風でも飛んでしまう
  • 防水性がないため、濡れた場所では使えない
  • 持ち運びが不便
  • 加工しにくい(手間がかかる)
  • DIY用の工具が必要になる

身近なものを利用する手軽さゆえのデメリットも、覚えておいてください。

またDIYする楽しみがある反面、苦手な人は素直に市販品を購入することも検討しましょう。

反対にDIY前提で自作を検討するなら、デメリットはなくなるものと考えます。

メリットでも書いたように、自由で思うがままのランディングパッドが手にできるのですから。

まとめ

今回の記事は、ドローン用ランディングパッドの自作と市販品の比較した内容でした。

自作・市販品どちらでも、ドローンの離発着場所として必要なアイテムに違いありません。

ドローンを飛行させるなら、自作・市販品のどちらかを用意してください。

もう一度、自作のランディングパッドについておさらいしましょう。

まとめ

  • 自作はお手軽に準備できるもので代用可能
  • 自作は¥0~と、格安で手にできる
  • 自作は市販品にない素材や大きさ、形で作成できる自由度がある
  • 自作は工作(DIY)する必要が出てくる
  • 自作は工作(DIY)が苦手な人には向かない
  • 市販品は値が張るけど、細かい工夫がなされている
  • 工作(DIY)が苦手な人は、市販品の検討もあり

メリット・デメリット、市販品との違いも踏まえて、選ぶ指標になれば幸いです。

おすすめ記事

ランディングギアも機種によっては必要とするアイテムです。

とくにMavicシリーズを扱っているアナタなら、一度は考えたことありませんか?

もう少し脚部が長ければ・・・・・・

今回の記事と合わせて伝えたい、ドローン用ランディングギアについてはこちら☟

おすすめ記事

ランキングに参加中 もしよろしければ【にほんブログ村】【人気ブログランキング】【FC2ブログランキング】の応援クリックお願いします。

-DRONEアクセサリー
-, , , ,