DRONEアクセサリー

読めばわかる【ランディングパッド】の必要性とメリットを教えます

ドローンランディングパッド

https://www.naosan.blog

ドローンを始めたら必ず手に入れてほしいアイテムに【ランディングパッド】があります。

最初に手に入れてほしいアイテムに【ランディングパッド】は外せません。

  • なんで最初に手に入れるの?
  • あればどんなメリットがあるんだろう?
  • なんで必要なんだろう?

上記について、これからドローンを始めるアナタに解説していきます。

この記事を読み終えるころには【ランディングパッド】が必須アイテムだとお分かりいただけますよ。

私は何者?と言ことで少し自己紹介をしますね。

国交省認定スクールDPAで回転翼3級取得、ドローン歴は1年9ヶ月※記事投稿時

兵庫県を主な活動拠点とし、DJI製ドローン【Mavic 2 Pro】で空撮をおこなっています。

YouTubeに空撮動画のチャンネルも開設しているので、そちらもご視聴ください。

以下の資格もドローンに関するものになり取得済です。

安心と安全に必要なアクセサリーについてまとめた記事です

ランディングパッド 必要な理由①

屋外には私たちが気付かない危険が潜んでいます。

その気付かない危険から守るアイテムの1つがランディングパッドです。

ドローン本体にはカメラやセンサーなど、高価な精密機器も装備されています。

何かあっては後々大変なことにもなりかねません。

必要な理由は

  • 屋外は屋内のように整備された場所ばかりでない
  • 足場(路面状況)の悪い所が多い
  • 傷や汚れから保護する
  • 離着陸地点の確保

YouTube(私のチャンネル)を見てもらうと、整備されている場所のほうが少ないことがわかります。

その他にも、周囲に配慮する意味も含めてランディングパッドは必要なアイテムだと言えます。

詳しくは後ほど説明していきますね。

ランディングパッド 必要な理由②

ランディングパッド

ここからはランディングパッドを使用することが【良いことにつながる】よってことをお伝えしていきます。

良いことって何?→安全につながることです。

特にドローンを始めたばかりの初心者には覚えてほしい内容になっています。

安全につながることって何?

例えば

  • ドローン(ラジコン)飛行をおこなっているんだなと気づいてもらえる
  • ランディングパッドが離着陸地点であると認識してもらえる
  • ルールを守って飛ばしている印象を持ってもらえる(あくまで印象、絶対ではない)
  • 目につきやすい=人に見られていると意識して操作する
  • ランディングパッドの上に着陸させる技能と丁寧な操作が身に付く

周りに対して安全に飛行させるのは当たり前としても、悲しいかな出来ていない人が居るのも事実です。

自分自身も意識する、周りも意識してくれる、ランディングパッド一つで印象も大きく変わります。

周囲の安全にも配慮しつつ丁寧な操作も心掛けられるなら、

ランディングパッドを使わないという選択肢はなくなりますよね。

ランディングパッド 必要な場所

実際に滝や河川と空撮をして経験したからこそ、わかるようになりました。

ここからは、大きく分けて3つの場所に分けて説明していきますね。

滝や河川、海岸、砂浜

琴滝滝壺の写真
京都府琴滝の滝壺付近

滝や河川、海岸、砂浜ではランディングパッドがあれば離着陸地点の確保とドローンを守る事ができます。

こういった場所は石や岩、小さな砂粒など、足元は不安定な場所が多いのは想像つきますよね。

そのような場所からランディングパッドなしで、直に離着陸させるのはドローンにとってよくありません。

その理由は

  • 不安定な足場への離着陸はリスクが大きすぎる
  • ドローンの機種によってはボディと地面の距離が近いので傷つける可能性がある
  • 目に見えない砂やホコリが可動部の隙間に入り込む
  • プロペラ部分のモーターに砂が入ることで故障の原因になる

滝を例に説明すると、石や岩の不安定な場所にダイレクトで離着陸させようとは考えにくいです。

ドローンが傾き倒れたならそこで終了~ガックリ凹んで帰宅する状況が目に浮かびませんか。

砂浜なら、ドローンが巻き上げる風に砂埃が舞い上がりモーターに入り込んでしまうことも!

つまりランディングパッド1つで、このような状況を回避できるということがお分かりいただけると思います。

雑草や芝生、草木が多く生えている場所

市川河川敷の風景
河川敷

雑草や芝生が生い茂る場所でもランディングパッドがあれば、離着陸地点の確保とドローンを守る事ができます。

特にMavicシリーズにとっては、離着陸させるのに悩まされる場所なんですよね。

その理由は

  • プロペラでバリバリと草を刈ってしまいプロペラが傷まみれになる(背の低いMavicシリーズなら)
  • 雑草や芝生がプロペラに絡まる可能性もある
  • ドローンの障害物センサーが雑草とかに反応して不安定になる(離着陸できないなど)
  • 地面が柔らかく不安定な場所が多いので離着陸させるのに不安を覚える

ある程度背が高いドローンならありえないかもしれませんが、私も使っているMavicシリーズはヤバいです。

草刈り機になるのが安易に想像できますし、プロペラも傷まみれになって「どこを飛ばしたん?」てなります。

万が一にも草が絡まったら

  • その場で動かなくなる
  • 障害物センサーが誤検知して動かない

こうなるのは絶対に嫌ですよね!

このような嫌なことはランディングパッド1つあれば、回避できることがお分かりいただけたでしょう。

雪原

雪原風景写真
雪原

雪山や地面が柔らかい場所でもランディングパッドがあれば、離着陸地点の確保とドローンを守ることができます。

このような場所も、直に離着陸させるのはよくありません。

私は雪原や冬の雪山での撮影経験はないのですが、容易に想像することはできます。

その理由は

  • 雪の上に着陸すると雪の中に埋もれてしまう
  • 機種によっては溶けた雪がボディーについてしまう
  • 地面が柔らかく不安定な場所が多いので離着陸させるのに不安を覚える

不安定になるのがわかっているのに、わざわざそのような場所に離着陸する危険を冒すことしたくありませんよね。

ランディングパッド1つあれば、安心して離着陸できる環境が整うのです。

要するに01・02の結論と同じく、さっと広げて離着陸地点を確保できるランディングパッドは必需品なのです。

ランディングパッド 種類とベストなサイズは?

ランディングパットは円形・四角形・六角形と3種類の形が出ています。

大きさも一般的に3種類のサイズが用意されており、それぞれドローンの大きさによって使い分けることが可能です。

サイズは55cm・75cm・110cm3種類です。

ポイント

  • 小型のトイドローンは、55cmのライディングパッド※Telloなど
  • 中型のドローンは、75cmのランディングパッド※Mavicシリーズなど
  • 大型のドローンは、110cmのランディングパッド※Phantom、Inspireなど

オプションの内容

  • 折りたたみ式、
  • 表裏両用、
  • 防水加工、
  • 収納バッグ付き、
  • 駐車エプロン、
  • 反射テープ(蓄光テープ)

など、それぞれオプションも豊富にそろっているものがほとんどです。

私は110cmものを購入しました。大は小を兼ねると思い、大きめのランディングパッドを購入しましたが、実際には75cmでもよかったと思います。その理由は、折りたたみ式でも予想以上にかさばることです。使う分には大きいほうがいいのは間違いないんですけどね。

まとめ

今回の記事はランディングパッドの必要性を記事にしました。

ランディングパッド1つあれば、離着陸地点を確保しサクッと空撮に入れます。

それに加えてチリやホコリ、砂が舞うことも防いでくれるアイテムはランディングパッドだからこそですよね。

実際にランディングパッドがないと

  • 「何処から飛ばそうか」
  • 「着陸場所がないな~」

そこに時間が掛かるし、ぶっちゃけその時間は勿体ないんですね。

だってキレイな景色をドローンで早く撮りたいのですから。

もちろん「そんなことわかっているよ」と声も聞こえてきそうですが

ランディングパッド1つあれば問題は解決できます。

繰り返しになりますが、さっと広げて離着陸地点の確保とドローンを守れる

ランディングパッドは必需品ということです。

私自身がよく実感できているのと、本当に必需品だと感じているからこそご紹介しました。

ランディングパッドを使用して素敵なドローンパイロットになりましょう。

おすすめ記事

ドローンを楽しむのは空撮だけではないんです。

あれば便利で楽しくなるアイテムがたくさんあります。

私が利用しているアイテムをまとめてみたので

ぜひ下記からご確認ください。

ランキングに参加中 もしよろしければ【にほんブログ村】【人気ブログランキング】【FC2ブログランキング】の応援クリックお願いします。

-DRONEアクセサリー
-,