広告 空撮スポット

兵庫県ドローンスポット猿壺の滝 落差5m深い緑に囲まれた秘境の滝

猿壺の滝

今回のドローンスポットは兵庫県美方郡新温泉町の【猿壺の滝】を紹介します。

ドローンで空撮をするには

  • 許可・連絡先を調べる
  • 必要書類をそろえる
  • 飛行範囲の確認
  • 現地までの経路を確認
  • 飛行条件の確認

等々、意外とやることが多く面倒くさいのが悩みの1つではないでしょうか。

今回もその悩みを解決していきますね。

この記事では

  • 許可・連絡先がわかります
  • 現地の情報がわかります(経路等)
  • 色々調べる手間が省ける ←ここが1番のポイントかも
  • おまけで滝見に必要なアイテムと空撮映像

記事を読み終えれば、あなたは手間なく空撮の準備が整いますよ。

私は何者?と言ことで少し自己紹介をしますね。

国交省認定スクールDPAで回転翼3級取得、ドローン歴は2年4ヶ月※記事投稿時

兵庫県を主な活動拠点とし、DJI製ドローン【Mavic 2 Pro】で空撮をおこなっています。

YouTubeに空撮動画のチャンネルも開設しているので、そちらもご視聴ください。

以下の資格もドローンに関するものになり取得済です。

ドローン無料体験会

ドローン未経験者やドローンの操縦に興味がある、ドローンを使い事業をやりたい、空撮したいなど

とにかくドローンが気になっているアナタにお知らせです。

私が回転翼3級を取得したドローンスクールでドローン無料体験会を実施中です。

無料体験会申し込みできます

ドローン無料体験会(1時間)に参加して、実際にドローンを操縦してみませんか。

ドローンの専門家が講師を務めている国土交通省認定講習団体、西日本最大級のドローンスクール

無料体験会は下記リンクから申し込みできます。

空撮スポットをまとめてみました、訪れたい場所を選んで参考にしてくださいね。

https://www.naosan.blog/summary-drone-aerial-view/
まとめ記事

詳細情報 猿壺の滝

をお伝えしていきます。

申請・許可連絡先

  • 撮影場所        猿壺の滝
  • 住所          兵庫県美方郡新温泉町菅原畑ヶ平
  • 申請・許可連絡先情報  新温泉町役場 商工観光課       上山高原エコミュージアム
                TEL0796-82-5625 FAX0796-82-3054  TEL0796-99-4600 FAX0796-99-4601
  • 駐車場         あり

アクセス方法

車での行き方

北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山IC下車約1時間30分(90分)

  • 北近畿豊岡自動車八鹿氷ノ山IC下車し、T字交差点左折し国道9号線を鳥取・新温泉町方面へ進む
  • 国道9号線道なりに約47Km進む
  • 国道9号線【千谷大橋】渡って直ぐ信号なしT字交差点を左折※県道262号線へ入る(上山高原方面案内板あり)
  • 県道262号線約3.7km進み、県道103号線へ入る※県道103号線へは二股交差点を右上に直進する形になる
  • 県道103号線道なりに進み県道408号線に合流する※道なりでOK(重複県道)
    ※ここから先は時間帯や季節によって通行止めとなる場合があります
  • 約300m先を右折する※右折はUターンするような感じ、左折は小さい橋があるのでそちらには進まないこと
  • 細い山道を約6.8km進むと猿壺の滝入口を過ぎたところに駐車場が出てきます

補足情報

  • 連絡は役場とミュージアム両方に連絡してください
    ※電話対応だけでOKでした
  • 駐車所は5~10台ほど停められるスペース※大きな乗用車なら5.6台だと思います
  • 時期によっては通行止めもあります※梅雨時期・台風・冬季など

『2022/05/10

○猿壷の滝【通行止め】
 除雪関連作業のため、県道103号若桜湯村温泉線は霧滝集落から先が通行止めとなっています。
 ※解除日は未定のため、また通行可能になりましたらお知らせします。

 県道について問い合わせ先
 新温泉土木事務所 道路第2課 TEL(0796)82-5688』
引用:湯村温泉公式観光サイトより

私は去年8/26に訪れています、時期をみてお問い合わせの上、行くようにしてください。

現地までのルート情報 Google Map

滝見に必要なもの

猿壺の滝入口
入口は「ここから入るの!」そんな感じです

滝への進入口から滝までは沢の横を歩き、木々の間をぬって進みます。

また途中、どうしても沢を渡る場所があり足元の装備も必要です。

ここでは滝見用に必要なアイテムやグッズを紹介します。

長靴

自然の未舗装を歩くので、最低限トレッキングシューズは必要です。

ただしトレッキングシューズでは、足元がずぶ濡れになる覚悟も必要になります。

水に入ったままで撮影するとしたら、沢の水の冷たさは長靴でなければ数分と持たないでしょう。

水量にもよるけど、滝壺付近は長靴でないと厳しく、道中で渡る沢も長靴を履いていれば安心です。

足元も悪いので、間違ってもサンダルで行くことのないように!

虫よけスプレー

虫よけスプレーもご紹介します。

理由は滝までの道中、木々の間を歩いて行くので万が一虫に刺されると危険だからです。

実際のところ、私は長袖シャツ&帽子で対策したので必要に感じなかったですけど。

撮影する場所よっては、スプレー1つで安心感が持てるなら必須アイテムになるでしょう。

家族全員で使えるものだし、1つあっても損はしませんよね。

ということで、虫よけスプレーをご紹介します。

カメラ用三脚

ドローンだけでなく、カメラで撮影するなら三脚は用意したほうがいいでしょう。

その理由は足元が悪い中、手に持っての撮影で何かあれば危険です。

例えば【バランスを崩してカメラを落とす】【受け身が取れなくて自分がケガする】など洒落になりません。

そういった被害を想定して、三脚は必要ということです。

もちろん、「そこまで危ないことはしないよ」という人が大半でしょうけど。

沢に三脚を固定し、滝から流れ落ちる水流を見事にとらえてください。

ND/LPフィルター

シャッタースピードを落として撮影する人なら、ND/LPフィルターは必需品ですね。

流れ落ちる水流を滑らかに撮影するには、フィルターなしは考えられないでしょう。

ワンランク上の映像を求める人は、用意して撮影することをオススメしますよ。

実際に使用している私が、映像は格段に上がっているのを感じますからね。

今回紹介するのはドローン(Mavic2Pro)用です、他機種用またはカメラ用をお探しの人はリンク先から検索をお願いします。

空撮映像

ドローンで撮影する際の参考にしてください。

どのように飛ばすといい映像が撮れるかとか、「自分ならこのように飛ばしてみよう」とシミュレーションをおこなってもいいですね。

上の動画は【猿壺の滝】がメインになっています。

下の動画は【苔滝】と【亀滝】の2つの滝になります。

苔滝と亀滝は道中に見られる滝で、小さいながら見ごたえありますよ。

内容がよければイイねとチャンネル登録お願いします!

猿壺の滝 メイン動画
苔滝と亀滝

まとめ

今回は兵庫県美方郡新温泉町にある、【猿壺の滝】をメインにご紹介しました。

検索すれば素敵な写真がたくさん出てくるので、写真家が撮影した【猿壺の滝】ご存知の人も多いでしょう。

しかし空撮している人はいないんじゃないかなと思い、ドローンで撮影しようという行動にでたのが今回なのです。

【猿壺の滝】もう一度確認しておきましょう。

ポイント

以上になります。

いつも言っていますが、ルールとモラルを守り空撮を楽しんでください。

1人1人の行動がドローンの未来に良いものになるように。

おすすめ記事

ドローンを大切に扱うということは、周囲に対しても安全に飛行させていることをアピールできるんです。

ドローンの評判はどちらかと言えばよくありませんよね。

その思い込みや評判を変えていくためにも、ルールとモラルを守って安全に飛行させることです。

下記の記事を参考にアクセサリーを用意すれば、ドローンに対する周囲の反応やアナタの意識も変わりますよ。

おすすめ記事

ランキングに参加中 もしよろしければ【にほんブログ村】【人気ブログランキング】【FC2ブログランキング】の応援クリックお願いします。

-空撮スポット
-, , , , , , , , ,